高度成長期、第二次ベビーブームに私は、東京品川で生まれました。
品川に隣接する川崎地区は、世界有数の化学工業地帯。
私はその工業地帯から発生した、化学物質による大気汚染から3歳で小児ぜんそくを発症し、その後に公害病の指定患者となりました。
現在は完治しましたが、発作の度に息が出来ず、子供ながらに死ぬほど苦しかった事、夜通し母親に看病してもらい病院へ駆け込んだ事を、今でも覚えています。


≪シックハウス症候群の発症≫
平成9年に結婚し、入居した賃貸マンションは、バブル期に建設された分譲マンションでした。
そのマンションには、新建材と呼ばれる科学物質を多用し、作られた建材(扉や床材など)で建設されており、そのマンションで私は、シックハウス症候群の一員になりました。
毎晩仕事が終わり帰宅すると、アレルギー性の目のかゆみ、鼻炎や頭痛に3年間苦しみました。

私には現在、大学生の息子と高校生の娘がいます。
その息子が3歳、娘が産まれる直前に、自社の設計・工事で我が家を新築しました。
当時より無垢建材(床・扉)、エコカラットなどの空気を浄化する、健康に配慮された建材があり、私の体以上に息子や生まれてくる娘が、ぜんそくやアレルギーで苦しまないようにと、健康に配慮した素材を、可能な限り使用して、我が家を新築しました。
私は新居に移り住み、それまでのマンション生活で、悩まされ続けたアレルギー性の症状は、まるで嘘のように改善されました。

≪息子の小児ぜんそく発症≫
しかし私の息子は、新築したマイホームに移り住み、約半年後に小児ぜんそくを発症しました。
なぜ『これだけ素材にこだわって新築したのに』と、ひどく落胆しました。
お世話になっていた小児科の先生に、喘息の発症原因をしっかりと調べてもらったところ、驚きの検査結果が・・・

≪原因は思わぬところに…≫
するとその結果は、なんと家の中のほこり(ハウスダスト)でした。
しかし『妻は一日に2回は、掃除機をかけるほどのきれい好き』なのになぜ??
さらに原因を追究すると、畑で使用されている肥料や山砂などの砂垢が、原因と判明。
自然があるのが良いと選んだこの土地でしたが、まさか隣の畑の肥料や砂垢が・・・。
これでは、いくら安全な素材を使用したとしても、喘息は防げませんでした。
今現在も、家族みんながアレルギー持ちのため、月に数回は鼻炎などに悩まされています。

でももし、何も配慮せずに我が家を新築していたら、私達家族は今どうなっていたのか?
想像するだけで怖くなります。

このような笹口家の実体験を基に、私は健康であるためのお家づくり・体想いの優しい自然素材でのお家づくりを、長年推奨し、販売してきました。
ただ、決して誤解しないでください!
自然素材で建てたお家に住めば、病気にならない、病気が完治するわけではありません。
体に優しい自然素材は、病気の予防や、症状を緩和させ、誰もが気持ちよく生活するためのアイテムとして必要だと感じているからです。

またDIYで、お客様ご家族と一緒に塗り上げた珪藻土の壁は、性能もさる事ながら、皆様のお家づくりの大事な思い出の1ページとなります。
私たちと一緒に”お家づくりの貴重な思い出”を作りませんか?




FUNHOME PRIDEページへ
構造体へのこだわりページへ