≪2×4(ツーバイフォー)住宅≫
1995年(平成7年)に発生しました阪神淡路大震災の際、同じ建設業界で働き、私が兄のように慕う方が、震災後の復興支援のため、神戸を訪れました。
高速道路や新幹線の橋脚は崩落し、マンションやビルは倒壊し、ほとんどの戸建住宅が全壊していたそうです。
そんな中、2×4住宅はなんと一棟も倒壊せずに、ツーバイフォーのお家に住んでいたご家族の命は、全員救われたそうです。
人命第一です!

≪大震災に耐えた住宅≫

写真は震度7の激震に耐えた3階建てツーバイフォー住宅です。(兵庫県南部)


≪安全なお家だからこその保険料≫
地震だけでなく火事に強い事も立証されており、日本でも準耐火建築物として認定されております。
簡単に言いますと、”鉄より火に強い木の家“なんです。
そのため、火災保険に加入する際、一般木造住宅の約半額で加入する事が出来るのです。
(火災保険10年・地震保険5年・保険金額2,000万円、一般木造が約40万円、ツーバイフォーが約20万円と約半額になります。)

≪では、何が安全で安心なのか?≫
日本の木造軸組工法(在来工法)の住宅が、全て悪いという訳ではありません!
ただ建築業者の考え方や使用材料、職人の技量により耐震や耐火性、さらに仕上がり具合に大きく差が出てしまう建築工法だからです。

安全・安心なんて言葉は、大災害の時にはナンセンスな言葉かもしれません。
しかし大事な人命を守れるか否かは、最も重要なポイントです。
また安全であるはずのお家の中に居て、命を落とすなんて事があってはなりません。


≪安かろう、悪かろうなんて時代は、もう終わりました!!≫
でも現実には、まだまだモラルの低い建築業者が多くいる事も、悲しいながら事実です。
大震災を経験し、最低の安全基準を満たす工法だと実感し、約20年間推奨してきました。
お家づくりは、しっかりと規格化された家電や自動車などの工場製品とは違います。
薄っぺらい安心などと言う言葉にすがるのではなく、様々な媒体を利用し、お客様の厳しい目で、調査ご確認し、一生に何度と無いお家づくりを安心して、
より良いものへとして頂きたいと、私たちは願っております。


東日本大震災におけるツーバイフォーの建物被害調査結果(日本ツーバイフォー建築協会による、3大震災の調査報告)

※1 「H23年東北地方太平洋沖地震の被害状況と警備措置」(H23年9月12日付、警察庁緊急災害警備本部、広報資料)なお、建物被害のうち、流失、床上・下浸水等は除いています。
※2 H23年4月27日~7月28日に、日本ツーバイフォー建築協会が実施した調査で、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県において震度6弱以上の地震動または津波による浸水があった市町村を対象地域とし、当該地域でツーバイフォー住宅を供給している業者のうち、29社からの調査回答に基づいた結果です。



FUNHOME PRIDEページへ
素材選びのこだわりページへ