良い土地を安く手にする極意

●不動産の繁忙期は、1・2月、9・10月。
繁忙期となる、約2か月前には行動すべし!

●まずは希望する土地のエリアの選定。
近隣相場の調査など、ご自身で出来ることから行いましょう!

●購入の概算の金額(ご予算)を決めておきましょう。
3,000万円程度、月々ローンで10万円までの支払など。

●良い土地は、早い者勝ちの争奪戦!
お客様の気に入る土地は、ほかの方にも人気のはず!
ライバルが沢山いる中で、勝ち取らなければなりません。

●土地購入=不動産屋さんと思いがち。
不動産と言っても、賃貸・管理・分譲・仲介など様々です。

●土地のみ購入では、住宅ローンを組むことが困難!
建物予算や付帯工事費、諸費用も含めた総額でのご検討を。

●不動産屋さんは、建築のことを知らない業者さんが、ほとんどです。

お家建築の知識、建設業免許のある業者、また営業担当者さんとの、交渉をお忘れなく!

●駅など頻繁に利用する、交通機関までの距離、電車での通勤・通学を考慮し、駅までの距離や時間を計測!

●購入地の周辺環境。
近所に教育面、騒音振動を出すような、嫌悪施設は存在しないか?
また、スーパーや市役所や銀行などの利便施設の有無。

●陽当り・接道状況・道路幅員。
どちらも、後からでは付け足し購入が困難!
陽当りだけでなく、接道方向や道路の幅も大事なポイント!

●お子さんの小・中学校の学区。
現在通われている、または今後お子さんを通わせたい、小・中学校の学区であるか否か?

●購入価格。
何と言っても、一番大事なお金。
土地+建物+付帯工事+諸費用の、トータル価格での詳細な資金計画が大事!

この5つが大きなポイントになります!
この5つのポイントに、順位を付けて下さい。
ご夫婦それぞれで付けた順位が一緒であれば、土地探しは容易です。
しかし、仲の良いご夫婦であっても、この順位がピッタリと合うご夫婦は、なかなかいらっしゃいません!
その為、ご家族でよく相談し、この順位を合わせていくことが重要です!!

これを行わずに土地探しを始めると、どの物件にもメリット・デメリットは存在するため、
何かが足りないと感じてしまい、好条件な土地も後から参戦してきた人に、取られてしまいます。

●土地の近くに、川や水路などがないか?
川や水路について懸念されるのが、臭気や虫の発生です。
特に梅雨時期、ドブ特有の臭気・蚊の大量発生があり、窓ガラスが開けられなくなるなんてことも…

●過去に水害などの履歴がないか?
水害の起こりやすいエリアは、各地に存在します。
水害の多いエリアの見分け方を知り、確認することが必要!
知らずに購入・建築してしまうと、床下・床上浸水、車の水没など、大きなダメージを受ける可能性が…

●本下水や、都市ガスなどの整備状況。
下水道が無い場合、合併浄化槽の設置により、金銭的な負担が大きく、また、臭気や虫の発生による被害も、本下水に比べると多くなります。
ガスについては、ランニングコストを考えると、都市ガスがオススメです。
でも、嫌われがちなプロパンガスは、災害時には復旧が早く、安全性が高いというメリットもあります。
両者のメリット・デメリットを理解してから選びましょう。

●土地の位置する、用途地域。
市街化区域内の土地は全て、この用途地域が定められています。
つまり、建ぺい率・容積率の関係で3階建てやグルニエ、平屋建てが建築出来ないケースも多々あります。



上記のポイントをしっかり整理し、一生に何度とない大きな買い物を、成功させてください!